ブリーダーの売り文句に用心! 親兄弟と早くに引き離します?

またまた、こんなことがあった。
今回はブリーダーの発言だ。

これまたビックリする内容で言葉を失う。
『うちではもらわれた後、留守番など一人になることに慣らしておく為に、早いうちに親兄弟と引き離しておくんですよ!』

…。
こりゃ、やべー…。
とてもじゃないが、ブリーダーの発言じゃない。

ツッコみどころが多すぎる。
まず第一に、もらわれてすぐに、産まれたばかりの子犬に留守番させることが前提ですかい?
むしろ、何故そのような家庭に自分が繁殖した大切な子犬を譲れるんですかい?

第二に、早いうちに親兄弟と引き離すことで、その子犬がどれだけ不安で寂しい気持ちになるのか分かってますかね?
また、親兄妹と一緒に過ごすことで噛みつきの抑制や社会的関わりあいを覚えていくことを分かってますかね?
また、兄妹たちと遊ぶ中で、前足をかけたりぶつかったりと繰り返すことでそういった刺激に対する耐性を身に付けていくことを分かってますかね?

まあ、分かっていない結果がこういうことなのだろう。

そして、この発言を飼い主さんが鵜呑みにしてしまうということが大きな問題だ。
特に初めて犬を飼う方なら尚更。
今回カウンセリングに来られた方も、そういった説明を受けたことで、『もらっていった後のことも考えて、そこまでやってくれているんだ!』と関心したのだそう。
そりゃ、そうだ。一般の飼い主さん(特に初めて犬を飼う方)は犬の習性など分からないのだから。

全くもって恐ろしいことである。

前回はペットショップでの売り文句について書いた。
その中で、ペットショップの店員は販売のプロであって犬の習性や行動学、しつけのプロではないと。

今回問題なのはブリーダーなのにというとこだ。
ブリーダーはペットショップ同様、販売も仕事ではあるが繁殖のプロでなければならない。
ということは、行動学やしつけについて深く知らなくても、先ほど書いたような子犬の習性(親兄弟と過ごす事の大切な理由など)は知ってなければならない。

そして子犬は留守番させる生き物ではないということも。
あなたは生まれて数か月の我が子を何時間も留守番させますか?と聞かれたら、皆さんはどう答えるだろう。
きっと答えが頭に浮かんだはずだ。

その答えが『NO』であることを望んでいる。
そして、そういった事を当たり前に思っているのがプロのブリーダーだと思う。
ブリーダーの発言もしっかり吟味しなければ。

 

 

ペットショップの売り文句に用心! 社会性のある子犬?

はぁ?

と、ついつい言いたくなってしまった瞬間。
ようちえんのカウンセリングをしていた時のことだ。
カウンセリングを受けられていたお客さんの一言ではあるが、元をたどればペットショップ(生体販売)の店員の一言である。

カウンセリングの時には、その子犬の月齢や飼い始めてからの日数、どこから迎えられたのかなど細かく聞いていくのだが、そういった話をしている中で出てきた一言。

『社会性のある子犬を選んでもらったんです。』

ん?
社会性のある子犬?
子犬?
子犬なのに社会性?
社会性を身に付けていくのはこれからじゃね!?

なんてことを思いながら話を聞いていたわけです。
もちろん、生まれながら持ち合わせている気質(臆病や活発などの)に違いはあるが、そこで社会性が決まりはしない。

ちなみに一連の流れはこんな感じだったみたい。

とある犬種を探していると、店員に話す。
そしたら店員が『とても社会性のある子がいます』と言って、裏のほうからその犬を連れてくる。
続けざまに『この子は社会性があって犬の世界の事をよく知っているので、いろんな子と仲良くなれると思いますよ!』と2~3ヶ月ほどの子犬を抱きながら言ってきたのだそう。
それなら!と購入を決めたという…

おいおい!
待ちんしゃい!
犬の世界を知っていくのは、まだまだこれからや!
それよりも今までの期間、ちゃんと親兄弟と過ごしてきたんかい!

ってなことを一人心の中でツッコんでみた。
直接聞いたわけではないから、勘違いであれば良いが。
しかし、ペットショップ(生体販売の現場)ではそういった一言をよく耳にする。
そういった一言というのは、犬の習性や行動学などを学んでもいないのに軽はずみに発してしまう、しつけに関する一言。
僕も十数年前にペットショップで働いていたことがあるから分かる。

要するにペットショップで生体を販売している多くの人は、犬の習性や行動学のプロではない。
販売のプロであって、しつけのプロではないのだ。
むしろ、犬の習性や行動学をしっかり学んできたのであれば、ペットショップで生体を販売するという仕事を選ばないのではないだろうか。
何故なら、ペットショップで販売されるまでの経緯やそのペットショップで売られることでのリスクを知るからである。

そういったことからペットショップで生体を購入することには反対なのだが、それでもペットショップで購入するのであれば、店員の売り文句には注意して欲しい。

 

 

伝えたいことが多過ぎて

ブログを読んでいただいている方はご存知だろうが、僕は犬のようちえんを経営している。
ようちえんという名前を聞くと子犬が通ってそうなイメージを持つが、実際には1歳を超える成犬もたくさんいる。
1歳を超えてようちえんを考えられる方は、たいてい特定のお悩みがあるのだが、それは後天的なものが多い。

具体的にいうと、子犬を飼い始めたばかりの頃には特に気にも留めていなかったのだが、成長するにつれ出てきたもの。

例えば、他の犬や、他の人に警戒して吠え続けたり、攻撃をしてしまう。

触ろうとしたり、抱っこしようとしたり、足を拭こうとすると噛みついてくる。

咥えた物を取り上げようとすると噛みついてくる。

トイレが出来ない。

部屋のあちこちでマーキングばかりする。

外を怖がって歩けない。

散歩中、グイグイ引っ張って歩く。

インターホンがなったり、来客が来ると物凄い勢いで吠える。

こういったお悩みのこと。

トイレに関しては、子犬を飼いはじめた時から出てくる問題ではあるが、1歳を過ぎても困っている問題としてよく取り上げられる話題なので入れておく。

では、他の問題を見てみよう。
たいていが成長と共に出てきていることがお分かりになるだろう。

迎えたばかりの子犬が、他の人や他の犬に警戒して吠え続けたり、攻撃してしまうなどの可能性は極めて低い。
しかし、成長していく過程でそういったものに接触する機会が少なかったり、接触する機会があっても怖い思いをしてしまうことで、警戒する対象に変わってしまう。
だから、吠え続けたり、攻撃しようとするのだ。

こういった状況が続くと、吠え続けたり、攻撃することで警戒対象が自分から遠ざかったり、いなくなることを学習していく。
そして、行動が定着していく。
ここまで見ると、先ほど『後天的なもの』といった理由が分かるだろう。

触る、抱っこする、足を拭こうとすると噛みついてくる。
これだって、そうだ。

最初から適切に扱うことでそんなことは起こらない。
やたらめったら触られたり、抱っこされることを犬は好きじゃない。
足を拭かれるなんて言語道断。
受け入れてくれる子は多いが、嫌なことに変わりはない。

そういったことを何も考えずに急に行うもんだから、噛みついてこようとするのである。
それでも、まだ続けようとするから、エスカレートしていく。
最初から犬を尊重した扱いをし、どうしても足拭きなどをしたいのであれば、慣らしてからするようにしたらいい。
そうすれば噛みつくなんて学習をしないで済むのだ。

他に挙げている悩みも全て同様。
後天的な問題なのである。

さてさて、前振りが長くなってしまったが、何を言いたいのかというと…
『後天的な問題であれば、事前に対処出来るんじゃね!?』ってこと。
この事前の対処がどれだけ大切か、また事前の対処で何をやれば良いのか。
思いつく限りのことを、ようちえんで伝えていきたい。
只、その為には伝えたいことが多すぎて。
そこをしっかりカバー出来るテキストとかを作りたい…と考えながら、今記事を書いてます。