腕枕 3

犬と一緒に寝るために、どういうことを

しておかなければならないのか。



昨日の記事にも書いたように、一緒に寝る

ベッドやソファ以外での、安心出来る場所作り。



安心出来る場所作りに近いものがありますが、

クレートトレーニング。



これらのことは子犬のうちにやっておいたほうが

良いでしょう。



昨日は安心出来る場所がなかったために、

縄張り性行動が出てしまったケースのお話を

しました。



他にも、安心出来る場所作りや、クレートトレーニングを

しておらず、ずっと夜は一緒に寝る生活をしていたことで

このようなこともあります。



クレートやケージの中に入れたときに、吠えまくる。



ペットホテルに預けた時に、ストレスを抱えて

帰ってくる。



このようなことはケージやクレートでの生活を

あまりさせなかったことにより起こることが

多いのではないでしょうか。



事実、クレートトレーニング(クレートの中で落ち着いて

いられるようになる)には、犬に独立心や自立心と

いったものを芽生えさせる効果もあります。



そりゃ、そうです。



独立心がないから、クレートの中から出たくて

吠えまくるのです。



自立心がないから、ペットホテルに預けられた時に、

一人でいることが不安になるのです。



そのような関係からも、クレートトレーニングは

必須科目を言えましょう。



結局のところ、私の考えとしては

犬と一緒に寝ることは大賛成!



もちろん、ベッドの高さとか、潰してしまう

心配が無ければですよ!



寝相が悪いのは少し心配かな(笑)



しかし、子犬のうちからずっと一緒に寝るのでは

なく、クレートで寝させることも平行しながら。



クレートで落ち着けるようになったら、そこまで

クレートで寝させることを平行させていく必要も

ないでしょう。



そんなところで、今回の『腕枕』のお話は終了でニコニコ



にほんブログ村

   ↑
上のボタンを押していただけると嬉しいです。

ドッグトレーナーとして背中を押してもらえるので(^^)



犬のようちえんペットホテルトリミングサロン ╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿
╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼

╋┿╋┿╋ minakuru(ミナクル)
╂┼╂┼
╋┿╋埼玉県さいたま市桜区田島1-12-10
╂┼TEL&FAX 048-762-8608
╋┿E-mail
m-urawa@minakuru.in

╋URL
https://minakuru.in

—–