車を追いかける犬 4

標的に慣らしていくことも一つの方法だとは思います。



まずは刺激をコントロールするために、車や自転車の

あまり通らないところでのトレーニング。



実際に自転車を用意して、犬の意識が途絶えないレベルで、

犬と自転車との距離や、自転車のスピードの調整。



こちらに意識が向けられる時に、呼び戻しを行ったり、

ご褒美を与え、トレーニングをしていく。



これも一つではあるでしょう。



これが実社会で活きれば素晴らしい効果が

期待出来るかもしれません。



しかし、現状はどうなのでしょう。



朝や夕方、夜で標的の見え方は変わります。



車のライトに反応するかもしれません。



車の大きさや形によって反応するかもしれません。



走っている車や自転車のスピードだって様々でしょう。



それの全てに慣らしていくようにトレーニングすることは

一般の飼い主さんには不可能でしょう。



トレーナーの私ですら、躊躇します。



近年、厳しいトレーニングや罰を使ったトレーニングは

反対され、優しい方法のみが主流となっていました。



しかし、また最近少しずつ厳しさも必要ではないかと

トレーニング方法が変化してきているように思います。



でなければ、昨日書いたように、飼い主さんとの

関係性が危ぶまれる場面さえ出てくるはずです。



私たちトレーナーは飼い主さんの苦痛を改善するためには

様々な手段、手法を引き出しとして持たなければならないと

思います。



にほんブログ村

   ↑
上のボタンを押していただけると嬉しいです。

ドッグトレーナーとして背中を押してもらえるので(^^)



犬のようちえんペットホテルトリミングサロン ╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿
╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼

╋┿╋┿╋ minakuru(ミナクル)
╂┼╂┼
╋┿╋埼玉県さいたま市桜区田島1-12-10
╂┼TEL&FAX 048-762-8608
╋┿E-mail
m-urawa@minakuru.in

╋URL
https://minakuru.in

—–