クレートトレーニングを始める 3

クレートにスムーズに入れるようになったのであれば、

早速扉を閉めて時間を伸ばしていきましょう。



この時、急に長時間外出したりしてはいけませんよ!



まずはクレートに入れた状態で、飼い主さんが

クレートの近くにいてあげることが大切です。



急にクレートに入れられて、飼い主さんがいなくなって

しまうと犬は不安になります。



その不安から、クレートの扉をガシガシ引っ掻いたり、

鼻を鳴らしたり、吠えたりする可能性が高くなります。



もちろん、飼い主さんがクレートの近くにいてあげても、

そのような行動をすることもあります。



しかし、その時に飼い主さんが近くにいなければ、

対処をすることが出来ませんからね。



そのような行動に対する対処は最初のうちから

しておかなければ、癖になってしまうケースも

あります。



なので、最初のうちはクレートの近くに飼い主さんが

いるようにして欲しいのです。



もう一つ飼い主さんが近くにいて欲しい理由があります。



犬が落ち着いてクレートに入っている時には、

たくさん褒めて欲しいのです。



その時に、わざわざクレートから犬を出す必要は

ありません。



おやつをたくさん用意して、クレートの中におやつを

投げ入れてあげましょう。



ケチる必要はありません。



扉をガシガシ引っ掻いたり、鼻を鳴らしたり、吠えたり

する暇を与えないぐらいどんどんおやつを与えてやれば

良いのです。



そうしながら、少しずつおやつを投げ入れていく

間隔を長くしていけばいいのです。



それでも、少し間隔が長くなってしまい、扉をガシガシ

引っ掻いたり、鼻を鳴らしたり、吠えたりするようで

あれば、クレートを叩いて『それはやらないで!』と

いうことを伝えましょう。



そして、また落ち着いてクレートに入っている時に

おやつを投げ入れていく。



これの繰り返しです。



だからこそ、時間を割かなければ教えていくことも

難しいでしょう。



しかし、こればっかりに集中するのは飼い主さんも

疲れてしまいます。



なので、クレートトレーニングを始める前に、

ツ○ヤへ出掛けて、見たいDVDを一本借りましょう!



クレートを足元に置いて、クレートの上にたくさんの

おやつを用意して、DVDを見ながらやれば良いのです。



是非、挑戦してみてください(*^_^*)





にほんブログ村

   ↑
上のボタンを押していただけると嬉しいです。

ドッグトレーナーとして背中を押してもらえるので(^^)



犬のようちえんペットホテルトリミングサロン ╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿
╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼

╋┿╋┿╋ minakuru(ミナクル)
╂┼╂┼
╋┿╋埼玉県さいたま市桜区田島1-12-10
╂┼TEL&FAX 048-762-8608
╋┿E-mail
m-urawa@minakuru.in

╋URL
https://minakuru.in

—–