問題行動治療には、まず計画を立てる

問題行動と呼ばれるものって、たくさんありますよね。



無駄吠え、噛みつき、飛びつき、引っ張り、etc。



このような行動に対して、困っている飼い主さんが

多いわけですから、問題行動と呼ばれるわけです。



しかし、犬からしたら、なんてことのない当たり前の

行動なんですけどね。



しかし、それを当たり前に行動されても困るのは事実。



なので、私達トレーナーは、どのような問題行動でも

治療出来る技を身に着けていかなければなりません。



そして、私達トレーナーが問題行動治療をするだけでは

ゴールではないのです…。



飼い主さんの元で問題行動が治療出来てこそ、そして

同じような問題が再び起こったときに、飼い主さん自身が

過去に治療した方法を実践できてこそゴールが見えて

くるのです。



要するに飼い主さん自身にも、技術を身につけて

もらいたいということです。



そのためにも、問題行動治療には計画を立てて

取り組んでいくことが大切です。



計画を立てて、問題行動へのアプローチをしながら、

飼い主さんも技術を習得していくといったように、

進めていくのが好ましいかなと思っています。



では実際にどのように計画を立てていくかですが。



まずは、お悩みの中でも割合の多い、散歩中に

他の犬に対して吠えるという例題で進めていきたい

と思います。



散歩中に他の犬に対して吠える時って、警戒から

吠えたり、犬の方へ行きたいという興奮から吠えたり

と吠える理由も様々です。



しかし、経験上、散歩で他の犬に吠えるパターンとして、

最も多いのが警戒心から吠えるパターンになります。



なので、散歩中に他の犬に吠えるのは警戒心から

吠えているということを前提として、次回に私なら

どのような計画を立てていくかを書いていきたいと

思います。




にほんブログ村

   ↑
上のボタンを押していただけると嬉しいです。

ドッグトレーナーとして背中を押してもらえるので(^^)



犬のようちえんペットホテルトリミングサロン ╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿
╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼

╋┿╋┿╋ minakuru(ミナクル)
╂┼╂┼
╋┿╋埼玉県さいたま市桜区田島1-12-10
╂┼TEL&FAX 048-762-8608
╋┿E-mail
m-urawa@minakuru.in

╋URL
https://minakuru.in

—–