呼び戻しを極めよう! 5

前回の記事では、一回の『おいで』の指示で戻って

来なければ、犬にとって『嫌な事』が起こるという学習

をさせることについて書いてみました。



しかし、非常にタイミングが難しくなってきます。



指示で戻らなかったからといって、どのタイミングで

先日述べたようなことをすればいいのか。



無視されてから、一分後にそんなことを行っても、

無視したことと『嫌な事』が結びつく可能性は極端に

低くなります。



かといって、『おいで』と言って、一秒後に行った

のでは、戻って来る可能性を潰しかねません。



この辺がこの方法を使う上での難しいところ。



結局のところ、探り探りおこなっていくしか方法は

ないのです。



しかし、この方法がうまくはまっていくと、犬が

反応するまでの時間に変化が出てきます。



一回の指示で反応するスピードが上がってきます。



そこからは、こちらでタイミングを作っていけば

良いのです。



例えば。



前回は一回『おいで』と言ってから、戻り始めるまでに

3秒かかった。



上のような状態であれば、先ほどの方法を使うまでに

4秒も待つ必要はないのです。



3秒、もしくはそれよりも少し短い時間でおこなえば

良いのです。



そうしていくことで、犬も更に反応の速度が上がって

いきます。



ここまでが、この方法を行う上で大切なタイミングの

話になります。



にほんブログ村

   ↑
上のボタンを押していただけると嬉しいです。

ドッグトレーナーとして背中を押してもらえるので(^^)



犬のようちえんペットホテルトリミングサロン ╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿
╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼

╋┿╋┿╋ minakuru(ミナクル)
╂┼╂┼
╋┿╋埼玉県さいたま市桜区田島1-12-10
╂┼TEL&FAX 048-762-8608
╋┿E-mail
m-urawa@minakuru.in

╋URL
https://minakuru.in

—–