嫌がらせではないのであれば、それは!?

昨日の続きを少し書いてみたい。



昨日の記事で、嫌がらせという概念が

見直されたと思う。



では何故、嫌がらせではなく犬はそのような

行動をするのであろうか?



答えは簡単だ。



それをしてはイケないと理解していない。



逆を言えば、何が正しいのかを完全には

理解していない。



それにつきる。



では、昨日の例題に沿って、見ていこう。


『うちのワンコ、留守番させていると嫌がらせして

じゅうたんにオシッコするの…。』

まずは本当に留守中だけなのだろうか。

留守番をさせていない時に、100%失敗は

ないのだろうか。

ますはそこから検証したい。

100%ではないのであれば、ただただトイレの場所を

完全に理解していないだけなのだから。

本当に留守中だけの失敗であれば、飼い主さんが

いる時、いない時という環境も学習してしまったのかも

しれないのだが、そのようなケースは稀だと思う。

もし、そのようなケースであれば少し前の記事で書いた

クレートなどを使って失敗をしない習慣を作って欲しい。

では、次に『うちの子、叱ると嫌がらせに私の大切な

机の脚を噛むのよ…。』

この例題について見ていこう。

嫌がらせではなく、机の脚を噛むのは何故だろうか。

これも同じだ。

机の脚を噛んではイケないことを、完全に理解

していないだけだろう。

嫌がらせで噛んでるのではない。

退屈なのだ。

もしくは噛み心地が良いのだろう。

もし、噛んではイケないことを教えたのだとしても、

それをしているのであれば、結局のところ理解して

いないだけである。

改めて、犬が理解するように教えるだけだろう。

結局のところ、犬は嫌がらせなどを考えるような

生物ではない。

とても純粋な生物である。




にほんブログ村

   ↑
上のボタンを押していただけると嬉しいです。

ドッグトレーナーとして背中を押してもらえるので(^^)



犬のようちえんペットホテルトリミングサロン ╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿
╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼

╋┿╋┿╋ minakuru(ミナクル)
╂┼╂┼
╋┿╋埼玉県さいたま市桜区田島1-12-10
╂┼TEL&FAX 048-762-8608
╋┿E-mail
m-urawa@minakuru.in

╋URL
https://minakuru.in

—–