避妊手術を終えて

こちらの下の方にFacebookの画面があります音譜

そこでひとっ皆さまにお願いですぺこり

良ければ『いいね!』ボタンを押してくださいませラブ   

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

早期不妊手術終了!
もう、だいぶ経ったけど…

実証!

というのも、うちの犬が早期不妊手術を行うのは初めてのことだったので、早期不妊手術で挙げられているメリットが正しいものか確かめてみたいという思いもあり。

さてもう一度、早期不妊手術のメリットを書いてみると、手術時間が短く、手術もしやすく、出血量も少なく済むということが挙げられている。
自分が手術をしたわけではないので、手術時間が短いだとか、手術がしやすいだとか本当のところは分からないが、そこの先生は『超、かんたん!』と言っていた。

とりあえず、その言葉を鵜呑みにしておこう。
わざわざ、難しい手術を選ぶはずもないのだから。

ただ、出血量に関しては実証できたと思う。
不妊手術の多くは子宮と卵巣を摘出するのが一般的である。
病院によっては、その摘出物をいただくことが出来る。
まあ、欲しがる飼い主はあまりいないと思うけど…

僕は今回、摘出物を食塩水パックにしていただいた。
その際に食塩水パックにしたばかりの成犬の摘出物も見たのだが、食塩水が真っ赤に濁りドロッとした印象だった。
しかし、僕がいただいた方は、食塩水がほんのりピンクに色付いた程度で濁った様子もなく、食塩水はサラサラのままだった。
このことからも、出血量の違いが伺える。
実証出来たと言えるのではないだろうか。

また、早期不妊手術のメリットとして、他には肉体的回復が早いこと、精神面の回復が早いことなどが挙げられている。

今回、早期不妊手術を受けたのは、うちの3頭目になる西(せい)ちゃんだ。
1頭目、2頭目の南(みなみ)も北(ほく)も不妊手術を行っているが、僕の行動が遅く、手術したのはどちらも1歳を大幅に過ぎてのことだった。
その時の南と北の手術後の様子を考えると、とても疲れた様子をしていた気はする。
少しグッタリした感じで、家に帰ると横たわっていたような…。

でも今回、西を家に連れて帰った直後からいつもと変わらぬ様子で走り回って遊んでいたのが印象的である。
手術の疲れなど全く感じさせないかのように。
そのような状態からか、手術の傷跡を気にする様子もなく舐めたりすることはほとんどない。
手術後エリザベスカラーを数日間着用するように言われることが多いと思うが、西にエリザベスカラーを着用したのは全体を通して1時間程度だった。

もちろん、成犬で手術した子でも傷口を気にしてなかったという子もいるだろう。
だが先ほども書いたように、手術直後でも疲れなどを感じさせないように走り回る姿を見ていると、肉体的にも、精神的にも回復するのは早いのだろうと実感出来た出来事だった。

よって今後、自分にまた家族犬が増えたり、飼い主さんから不妊手術の相談を受ける時には早期の手術をお勧めすることだろう。
以上が、早期不妊手術を終えての感想である。


にほんブログ村

   ↑
上のボタンを押していただけると嬉しいです。

ドッグトレーナーとして背中を押してもらえるので(^^)



犬のようちえんペットホテルトリミングサロン 

╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿
╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼

╋┿╋┿╋ minakuru(ミナクル)
╂┼╂┼
╋┿╋埼玉県さいたま市桜区田島1-12-10
╂┼TEL&FAX 048-762-8608
╋┿E-mail
m-urawa@minakuru.in
╋URL https://minakuru.in

—–