犬の領域と空間3

前回の記事では、社会的距離を侵された

犬が最初に見せる行動として多いのは

フリーズ(固まる)することと書きました。



今回はその後の犬の動きについて見て

いきましょう。



フリーズした際に犬は、対象物へずっと

意識を向けています。



対象物との距離を推し測っているわけです。



しかし、その対象物との距離がさらに短く

なることがあります。



犬がその時に示す行動として多いのが

逃避行動になります。



その場から逃げ出そうとするわけです。



しかし現実は過酷です。




正直、人や犬が苦手な犬というのは結構います。



そのような犬を連れて外で散歩していると、

平気で近づいてくる人がいます。



社会的距離を侵され、フリーズするのですが

それ以上に近寄られることもしばしばあります。



そうなった時、野生の犬であれば逃避行動を

取って、その状況は終わることしょう。



しかし、現実問題、飼われている犬達は外では

リードにつながれ逃げ出すことが出来ないのです。



数回、そのような状況が繰り返されると、

犬は逃避行動を取れないことに気付きます。



そうなると犬は最終の行動へ移るわけなのです。



その最終の行動として多いのが

攻撃行動と呼ばれるものです。



攻撃してでも、自分の社会的距離を

守ろうとするのです。



この行動段階まで到達してしまう前に、やはり私たち

飼い主は気付いてやらなければなりません。



そのためにも、日々犬の様子を真剣に

観察することも大切です。



でなければ、犬にとってかかるストレスが

大きくなっていくわけですから。



そして、根本は社会化なのです。



社会化をしていれば、その物との社会的距離は

なくなっていくのですから。




にほんブログ村

上のボタンを押していただけると嬉しいです。

ドッグトレーナーとして背中を押してもらえるので(^^)


犬のようちえんペットホテルトリミングサロン 

╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿
╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼

╋┿╋┿╋ minakuru(ミナクル)
╂┼╂┼
╋┿╋埼玉県さいたま市桜区田島1-12-10
╂┼TEL&FAX 048-762-8608
╋┿E-mail
m-urawa@minakuru.in

╋URL
https://minakuru.in


—–