例え

トレーナーの仕事のメイン部分。



それは飼い主様にお伝えすること。



もちろん、犬をトレーニングすることもメインの

仕事ではありますが、飼い主様が出来るように

お伝えすることの方が比重を占めます。



その中で、『例え』をよく使います。



先日のブログ『動機づけ』の中でも人に

例えている部分が幾つかありますので、参照に。

http://ameblo.jp/minakuru-1/entry-11352118173.html



このように、飼い主様が如何に理解しやすく

例えられるかも伝えることの技術。



しかしながら、簡単なことではありません(ノ_・。)



私がトレーナーを始めた頃、無理やり『例え』を

使おうと思ったことがありましたが、支離滅裂になり

余計、意味分からなくなったことがありましたあせる



なので、飼い主様が分かりやすく例えられるか

どうかというのは、トレーナーの今まで飼い主様と

接してきた経験値にもよると思います。



せっかくなので、これまでの経験から私がよく使う

例えを紹介していきたいと思いますニコニコ


…………………………………………………………………………

生まれたばかりの子犬は好奇心が非常に強く、

いろいろなものに慣れやすい特性があります。



成長していく過程で、好奇心の真逆にある

警戒心が強くなり、3,4か月を過ぎるころに

なると、警戒心の方が強くなり、いろいろな

ものに慣れにくくなってきます。



なので、この好奇心の強いうちに、今後生きていく

上で経験するであろう様々なことに慣れさせてあげる

ことが大切です。



この生まれたばかりの子犬は好奇心旺盛と

いう部分を分かりやすくするために人間の

赤ちゃんに例えることがあります。



赤ちゃんって、あまり恐怖心を持ってませんよね!?



だから、ハイハイしながら何でも触ってみたり、

何でも口に入れようとしますよね!?



熱いものでも、痛いものでも。



人間だって生まれたばかりの頃は好奇心が

旺盛なんですよ!



このように赤ちゃんの例えを出すことで、

子犬の好奇心旺盛な様子をさらに理解

しやすくなります。



他にも、伝えるときには様々な『例え』をつかう

ことがあります。



それは、またの機会に!




にほんブログ村

   ↑
上のボタンを押していただけると嬉しいです。

ドッグトレーナーとして背中を押してもらえるので(^^)



犬のようちえんペットホテルトリミングサロン ╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿
╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼

╋┿╋┿╋ minakuru(ミナクル)
╂┼╂┼
╋┿╋埼玉県さいたま市桜区田島1-12-10
╂┼TEL&FAX 048-762-8608
╋┿E-mail
m-urawa@minakuru.in

╋URL
https://minakuru.in


—–