行動のパターン化。

現場でトレーニングをしていると、いろんなことに

気付かされることがありますね!



こないだ、ふと思ったことがありまして。



待てのトレーニングが出来てくると、いろんな

シチュエーションで待てをさせるわけですが、

玄関の出入りで待てをさせていた時のことです。



玄関の出入りの時って、待てをさせた後には

必ず、『よし!』とか『おいで!』とか『ついて』

と言って、玄関を入ったり、出たりしますよね!?



玄関で待たせて、その後に『ふせ』とか違う指示を

することってあまり無いですからねあせる



要するに、玄関で待った後には必ず玄関を

通過するという行動がパターン化されるわけです。



なので、こないだようちえん生のトレーニングで

玄関で待てをさせて、外に行こうとした時に、

いつもなら『よし!』と言うところを、あえて『クルックー』

と言ってみたら、勝手に玄関を通過してきました。



ちなみに『クルックー』には何の意味もありません(´0`*)



要するにですよ!



玄関で待って、次に何かを言われた時には外に行けばいいと

いう行動がパターン化されているだけなんです。



この状態だと、言葉の意味をまだまだ理解しているとは

いえませんよねあせる



『よし!』と言われるまでは、勝手に行ってはいけないという風に

しっかりと言葉の意味を教えていくには、毎回パターン化しては

いけないということです!



なので、先ほど書いたように、玄関で待てをさせた後に、

『ふせ』などの指示を出して、パターン化させないのも

一つの方法なんですよ!



にほんブログ村

   ↑
上のボタンを押していただけると嬉しいです。

ドッグトレーナーとして背中を押してもらえるので(^^)



犬のようちえんペットホテルトリミングサロン ╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿
╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼

╋┿╋┿╋ minakuru(ミナクル)
╂┼╂┼
╋┿╋埼玉県さいたま市桜区田島1-12-10
╂┼TEL&FAX 048-762-8608
╋┿E-mail
m-urawa@minakuru.in

╋URL
https://minakuru.in

—–