何故、また食べようとするのか…

さて、今日書いてみようと思うのは前回の続き、

中毒症状に関連する内容である。



その中でもチョコレート中毒について、実際に

あった話も含めて書いていこう。



チョコレート中毒。



この中毒症状は嘔吐や下痢、神経過敏、興奮、

こん睡、ふるえ、けいれんなどの症状を引き起こし、

時には突然死や腎臓障害を引き起こすと言われ

ている。



この症状を聞くと、とても怖いものだが、そうそう

起こりうるものではない。



致死量までいくケースが少ないからだ。



この症状を引き起こしてしまう原因はチョコレートの

カカオマスに含まれる、テオブロミンという成分が

関係してくる。



よって、致死量も同じ量のチョコレートだったと

しても、そこに含まれるテオブロミンの含有量に

よって異なってくる。



チョコレートにも様々な種類がある。



ビターチョコレートやミルクチョコレート、

ホワイトチョコレートなど様々だ。



ビターチョコレートはカカオマスの含有量が

非常に高い。



そこまで、チョコレート通ではないため、何%以上の

ものをビターチョコレートと呼ぶのかなどは全く見当

つかないのだが、カカオマスの含有量が高いという

ことは、自然とテオブロミンの成分も高くなる。



それに比べてホワイトチョコレートなどに含まれる

カカオ分はココアバターのみとのことなので、

テオブロミンの含有量はビターチョコレートに比べ、

極めて低い。



まあ、ともあれ食べさせないことにこしたことはないが…



では、実際にあった話を、書いてみたいと思う。



その犬は留守中にチョコレートを食べた。



体重5kgほどの犬なのだが、食べたチョコレートの

量は、ハワイなどのお土産によくある、マカダミア

ナッツ入りのチョコレート、ひと箱分だった。



致死量までは達していないが、それに近い量では

あった。



ちなみに、マカダミアナッツにも中毒を引き起こす

成分が含まれている。



今回、そこは置いておこう。



飼い主が家に戻った時には、部屋中に嘔吐と

下痢の後が20箇所ぐらい。



ふるえや若干の痙攣を引き起こしていた…



病院に連れて行き、食べたものを吐かせ、胃洗浄を

行い、しばらく安静に。



完全に元通りの状態になるまで、数日を要したが

命に別状はなかった。



続きは次回へ。




にほんブログ村

   ↑
上のボタンを押していただけると嬉しいです。

ドッグトレーナーとして背中を押してもらえるので(^^)



犬のようちえんペットホテルトリミングサロン ╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿
╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼

╋┿╋┿╋ minakuru(ミナクル)
╂┼╂┼
╋┿╋埼玉県さいたま市桜区田島1-12-10
╂┼TEL&FAX 048-762-8608
╋┿E-mail
m-urawa@minakuru.in

╋URL
https://minakuru.in

—–