5フリーダム。

先日、動物取扱責任者が毎年必ず受講する

研修に行ってきた。



そこで配られた資料の中に、犬に対する考え方として

『5フリーダム』の言葉が掲載されていた。



5フリーダムとは動物福祉(アニマルウェルフェア)の

福祉基準となるものだ。



どのようなものかというと、



①飢えと渇きからの自由



②不快からの自由



③痛み、負傷、病気からの自由



④恐怖や抑圧からの自由



⑤自然な行動をとる自由




このようなことを考えて、飼育されているか

ということである。



もともとは、畜産動物視点で考えられていたものだが、

冒頭にも書いたように、犬やペットにも当てはめられる

ようになってきた。



それはそれで、とても素晴らしいと思うし、

5フリーダム自体の言葉にもとても共感出来る。



しかし、たまに『それは行き過ぎてないかな?』

と思うことがある。



先日、匂い嗅ぎについての話を書いた。



その中でも秩序を作って、匂い嗅ぎをさせて

あげるのが良いのではと書いたのだが、



以前、このような記事を読んだことがある。



5フリーダムには『自然な行動をとる自由』というものが

あるのだから、本来の習性である匂い嗅ぎなどは

犬がしたいようにさせるべきだと…



皆さんは、どう思われるだろうか!?




にほんブログ村

   ↑
上のボタンを押していただけると嬉しいです。

ドッグトレーナーとして背中を押してもらえるので(^^)



犬のようちえんペットホテルトリミングサロン ╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿╋┿
╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼╂┼

╋┿╋┿╋ minakuru(ミナクル)
╂┼╂┼
╋┿╋埼玉県さいたま市桜区田島1-12-10
╂┼TEL&FAX 048-762-8608
╋┿E-mail
m-urawa@minakuru.in

╋URL
https://minakuru.in

—–